WABARA MEMBERS

収穫を喜び、ともに味わう。
その時々の花の素朴な姿をともに感じる。
WABARA Members。

お花があるということ、花を育てるという仕事をすること。

古来変わらぬ人と自然の関係性を重んじながら生業として昇華させることで起こる矛盾。
生産量、規格・・・産業とする上で、大切なのは理解します。
そして、仕事上、一定クリアしている方が流通しやすく、使いやすいのもわかります。
そしてまた、そういった花が美しくないと言いたいわけでもありません。

僕はただ主たる方向性をそこにおきたくないと思っています。
これを生活にしている以上、仕事であることは重要なのですが、それ以上に重要なのが、「花が花としての存在」であることではないでしょうか。

花は咲きます。
言葉を発しませんが、間違いなく意思を持っています。
虫も来ます。病気も出ます。
花も虫も病気も、それぞれの生存のため、工夫を凝らし競争したり、共生したりしながら生きています。
そうしてやっと咲く花に、なるべくこちらの意図を重ねずにいたい。

花がただ美しい。
くねりや、少しの虫食い、色、かおりが美しい。
その一本の出で立ちが美しい。

輸送で傷まないように、傷みにくいようにしよう。
花がどう使われるか分からないから、蕾の硬さを揃えよう。

一つ一つ、もちろん飾ったり使ったりしていただく方のことを考えて行うことです。
でもそれが普通になっていくと、どんどんそれに拍車がかかります。

どんどん、扱いやすいように真っ直ぐになったりと形が揃う。
どんどん、個性ある子が規格外になって行ってしまう。

僕たちは、個性ある子がどれだけ素敵か知っています。
でもそれが、扱いづらいことも知っています。
でもそれは、こちらの意図が先に出てしまってはいないでしょうか。

一輪のその花がただ美しい。

私たちが可愛いと思った花という基準だけでセレクトして、お届けしたい。
もしかしたら少し虫食いかもしれません。
でもそれも含めて花の物語を感じれることがあります。

もしかしたら輸送で少し傷がつくかもしれません。
もちろんなるべく傷まないように大切に梱包します。

ただなるべくこちらの意図よりも、花の意思を尊重し、お届けしたいと思います。

また僕たちの生み出す「和ばら」は、根源的で普遍的な花の姿を追求していくだけでなく、
元々持つお花の持つ力を活用し、新たな可能性や楽しみ方を追求していきたいと思います。

WABARA Membersは、そのような和ばらがこれからも変わらず和ばらであり続けること、
そして新たな可能性を追求していくことを応援していただける方にも、ぜひご参加いただければと思います。

WABARAメンバーズ

収穫を喜び、ともに味わう。
毎月1回、お花をお届けします。

WABARAサポーターズ

わばらのこれからの挑戦を応援していただける方に

NEXT DELIVERY ORDER FOR MEMBERS

メンバーズの方専用の2回目以降のお届け日予約フォーム

Plan A

PLAN B